森の中で過ごした時間 〜 transit Picnic vol.5を終えて 〜

お天気少雨の中、おかげさまで無事に終わりました。
transit Picnic。
うちは小さく限られた人数なので、毎回全エネルギー注ぐくらいで作り上げていきます(笑)
大人のための外遊びで、リースなど草花や枝木でのワークと、素敵な料理家さんやシェフの方たちによるアウトドアランチをいただく企画です。

今回のテーマは「森」でした。
ガーランドの花材はお天気や準備の進み具合を見ながら、三重の美杉町に住む木こりの三浦さんにお願いしました。
杉とヒノキの枝葉。いい香りとともに箱いっぱいに届きました。
すべてお見通しのような長さとしなやかな枝。
このジャストさ。三浦さん、すばらしい花材をありがとう!

時折パラパラと降る雨に、荷物が濡れないように、特設屋外キッチンやマルシェコーナーの雨をよけつつなど大変な面もありましたが、喜んでいただいてる参加者さんの笑顔に、あぁ、開催できてよかったわと思いました。
毎回毎回お料理の下ごしらえや、デリケートな食材を運ぶシェフの方々には頭が下がります。
そして宇和島の柑橘を手に取り、農家さんの思いをお料理に込めてくださるのです。
この秋ヶ瀬公園に溶け合うような、みどりに統一された大井シェフのお料理は、美しくて食べるのがもったいなくて。。。屋外でもしっかり感じられる香りも大切に演出されて感動ものでした。



バリスタ藤井氏による森をテーマにした珈琲。
限定で焙煎していただいたお豆はあっという間に完売!

早々と次回も行きたいというお声も届いてます。
うれしすぎます。会場の変更や不安定なお天気などにおおらかに受け止めてくださった上でなので余計に…!
パッキングも工夫してつめつめ。車に分散しシトロンシルバー隊も何往復もして搬出入。staff Nファミリーにもタープ設営を担ってもらったり、とにかく足元固めてくれるシトロンチームに感謝…
縁の下的な力がないとできないことです。。。
みんなみんなありがとう。
またお会いしましょう!
自然のなかでご機嫌になろう!

Photo by aki Oonish